歴史小説と 歴史と

たまーに 書いてる歴史カテゴリー

坂本竜馬の左手を懐に入れた写真が有名
その懐の中には銃が入ってるとかいろんな説がある 
(多分 寺田屋事件で襲われたとき怪我したから)

幕末の寺田屋事件は2回ある 1862年 1866年(竜馬関わりはこっち)

坂本竜馬も高杉晋作もあの時代の人物としてファンではある
ただ 歴史小説では読み物であって カッコよくなくてはいけないのかもしれない
それは それで楽しめばいいんだけど
ついあら探ししてしまうので見なくなったが
今は 歴史関係も 地域おこしのテーマだし

でも 高知竜馬空港と名前変えたことは おおいに賛成ではあり

その竜馬所持の銃が S&Wモデル2アーミー 32口径
高杉晋作さんとの友情で 上海帰りの高杉にもらった銃と言われてる
(上海行きは1861,2年 その後に双方が出会ったわけじゃなのだ)

そんな美談、、、上海で最新銃購入は32口径と22口径、、
32のほうをあげた

な~んだけど 
幕末の日本=アメリカでは南北戦争末期 ビリーザキッドとかのあの時代とイコール
アメリカは貿易してる余裕はないに等しい
モデル2の新型32口径が上海に入ってる可能性はうすく 
(飛行機の飛んでる時代じゃないし)

モデル1のほうじゃないかって、22口径の (1イシュウ、ていう名前だったかな)

高杉が竜馬に出会うのは 高杉上海行きの ”実際その5,6年後”
その頃 竜馬といえば 亀山社中で すでに貿易会社運営中
新型銃は手に入る アメリカも南北戦争も終わった微妙な時代へ
1865年が南北戦争の終わり 明治維新は1867年
>学校の日本史では なんで言わないのかなぁ

友情の証なんて美談で 前モデルの銃を持ってたら
幕府からは 狙われてる竜馬は 自分を守るには怪しいと思うし
とっくに 暗殺されてしまったかも 

何年も前に買った旧式銃を贈るほど高杉晋作の頭は鈍くないと思う
(>贈らないほうが美談なんだけどなぁ)

竜馬手紙も 高杉からもらった銃の話あるが 過大報告か
勘違いが 作り話か 偽手紙か(以外とある 売れるから)

高杉だって 奇兵隊 率いてる頃で 
奇兵隊は 結構後込めの最新式の銃所有
ウインチェスターのライフル所持の人も、ただその写真一度公開されたが
見なくなった 洋服姿の高杉さんも写ってた 結局 あの有名な写真だけ 今は

ドラマ的にはイメージ違うのかなw

竜馬の人のよさは もちろんあると思う 実践には使えないと知ってて
持ってたのは 別の新型でだって推理する人は多い

高杉からもらったのじゃないのだ かなり高い可能性で
もらったけども 常備してたかは かなり怪しいと思うんだけど
竜馬だってばかじゃない

美談にしたかったら
亀山社中と 奇兵隊とのビジネス関わりで 長崎で接待もある 
丸山で どんちゃん接待

(歴史小説ファンには怒られる 最新式をもらった美談でないと、、)

亀山社中では 怪しい武器商人から 安く買い入れたゲベール銃(先込式旧式)
大層なこと言って 田舎の藩に売ってもうけたりやってる
知識はあるようだ

なんせ 南北戦争で使ってたのが一気に日本に使いまわしで入ってくる
(1866-7年)怒涛のよに 武器商人が日本にきてる 
グラバーはヨーロッパだけど 早く日本は市場と目をつけた人

寺田屋事件(1866年)で 最初に所持してた銃がどれにしろ なくしてしまい
今度はお龍さん(夫人)とペアーでS&Wモデル1 22口径もってる
モデル1なのである その時点では かなり旧式

好みなのかなぁ そのへんは 無頓着なだけかもも あるけど
(女性にも持てるような 併せた?)
竜馬手紙で書いてる わざわざリボルバーの挿絵まで描いて

鳥を打ち落とせたのだから 剣術つかいだけど 腕まえは自分を守れるくらいは
あったんだけども
暗殺時 側に置いてなかった(1867年) または 
安全のために常にシリンダーには撃鉄が当たるから
チャンバー内には実弾を装填しておらずらしいが
(後で知ったけど この習慣て あんまり関係ないというが、)

幕末の日本では ベレッタを持ってる人もちゃっかしいるのだ倒幕志士さんは
写真も残ってたり 薩長内で流行りらしい
TV時代劇で ベレッタ持ってる志士は  あれは間違えではないのだ
リボルバー持ってるよりも

TV時代劇でやはり ウインチェスター持ってるの見たことあるが
あれも あながち間違いでなく(数は少ないが奇兵隊と 函館戦争幕府軍にある)
レバーアクションのなんて単語が 当時の人の日記もある
(幕府軍には 戦国の雑賀鉄砲衆の子孫さんがいる) 

新撰組の土方歳三の写真も残ってる 写真でわかる 晩期の函館時代1867年
これが 竜馬が高杉からもらった挿話と同じの
S&Wモデル2アーミー 32口径なのだと 時代背景的に会ってる 新型なのは

こっちとごっちゃになってるんじゃないのかなぁ

土方はかっこよく切り込み隊で戦死も
狙撃説もある 当時ので1000Mは狙える
新撰組にこだわりはあったろうけど
散切りで 洋装の土方さんは 新撰組をお抱えにはしていない
 
と言うと 歴史小説ファンに怒られたっけ

ヒーローは ともかく美談あってカッコいいよくなくちゃいけないらすぃ
高杉 坂本 両氏にはもっと ビジネスライクの印象があるのだが
現場見てきたわけじゃないので 私も小説家かなぁw
実物 レプリカでも 見には行って来てるけど

談義は散々やってた頃がある あるとき 知ってる子が(新選組大ファン)
木箱(すずり箱か?小物入れ)に新選組と書かれただけの 
大枚10万で 買ってきたっけwww気は心

たまにやる ブログカテゴリーの歴史話

ブログは更新されると検索にでるから
新撰組ファンきたら どこぞの宗教さんにぞっこんと似てら~
アンチかw
逃げよう 竜馬みたいに

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 男の浪漫日記

    Excerpt: 男の浪漫日記を紹介します Weblog: 男の浪漫日記 racked: 2010-03-19 20:32