nanotechnology@ナノテクノロジー

wikiの説明に
”ナノテクノロジー (nanotechnology) は、物質をナノメートル (nm、1 nm = 10-9m)の領域において、自在に制御する技術のことである。ナノテクと略される。物質を原子レベルの大きさで制御しデバイスとして使うという考えは、リチャード・P・ファインマンが1959年におこなった講演"There's Plenty of Room at the Bottom"[1]にすでにみられている。「ナノテクノロジー」という用語は1974年に元東京理科大学教授の谷口紀男が提唱した用語。かつてはメゾスコピックと呼ばれていた研究分野。

2001年にアメリカのクリントン大統領がナノテクを国家的戦略研究目標としたことから、日本でも多くの予算が配分されるようになり、現在最も活発な科学技術研究分野のひとつとなっている。

いまだに一部の新素材やコンピュータのプロセッサに応用されている程度の段階だが、将来はこの技術によりナノサイズのロボットで治療を行ったり、さらには自己増殖能を持たせて建築に利用することができるようになると予想されている。21世紀をかけて大きく発展する分野と考えられている。”

*****************************

時々 時間あったら行く スーパー銭湯に ナノテクノロジーの水に変わりましたと
書いてあり 説明があるポスターが貼ってあり 
ふ~んと 煙草すいながら眺めてみてる

ふと思うのだ 老若男女の来るスペースで どこまで意味がわかる人がいるのだろうかと?
カタカナ名称に 理屈など抜きにして
なんだか効き目ありそうな 再生効果がありそうな~かな なんて
内心 笑いつつ  一時 休めて くつろげてでいいんだけど 気分転換で


海外ドラマの stargateシリーズを 長く見てると
もう 馴染んでる単語だし 最初に意識して なんだろうと 検索も既に 散々してるので
まぁ大雑把に ドラマの場面ともなって その応用がわかるが

ドラマじゃ未来系なお話展開だから 今の世界で どこまでなんだろうかとは思ってた

ドラマでは ナノテクノロジーは 使い方によっては 武器である
>ナノナイツのこと>上の説明の所のナノサイズのロボットのこと

ナノナイツに攻撃性をインストールし 人に触れれば移り
繁殖をする それは応用編
ナノナイツは 血液の中をすすんでゆく 攻撃性のスイッチを持って
例えば 思考力ものっとれてしまう

24じゃ バイオウエポン、現代では そのあたり 
>stargateその先のテクノロジーのお話
(ドラマとはいえ あちらの国じゃそういう発想があり)

stargateの場面で ナノナイツを 組み立てたり構築する技術を地球人も 取得するが
簡単なほうに思える 正方体より 難しく思える 人型のほうが形成しやすい
(ナノテクのいい利用の仕方で)
(かなり似た意味で=クーロン でも 今の時代で クローン=ナノテクノロジーでいいのかな?)

ようするに 人型のほうが そりゃ 形 ややこしい流線型のほうが
習性として ナノには 都合がいいのである 仕事しやすい
正方体よりも

ややこしい型の人型のほうが 実は簡単で 正方体のほうが複雑
ある意味 そうなんだろうけど(屁理屈、、)

と、老若男女の来てるエリアで そんな小難しいこと思ってる、、、
stargateシリーズ見てる人いるかなとふと 思ったが
いや 衛星放送で放映してたし

その温泉で ナノテクノロジーっていうくらいの場合は"再生”をすごく言いたいんだろなぁ
と 遠回り に思いにふけりながら それは間違ってない
気分再生にか、、

その意味では 人型に効き目あるかも~と しみじみ思ったのである

ん?小さいロボットが ナノサイズの、、いるのか~お湯の中に、、
その想像そりゃ 海外ドラマに染まりすぎ~
んでも 間違ってないかもね画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 2012

    Excerpt: nanotechnology@ナノテクノロジー 翼あるもの2/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2012 racked: 2013-07-23 18:46