ローリングコード@ NUMB3RS

海外ドラマNUMB3RSの次のシーズンを見始めたので画像
もともと数学の理論とか 得手不得手と言うより 逃げてた♪
敵前逃亡
数学家系なものだから 今思うと
抵抗してたのだと思うと楽しく懐かしく

時刻表にしても フライトスケジュールにしても
斜めに読み取ったり 逆から追ってみたりは 好きだし 
こういうのは教わるもんじゃないし

時間の数字の行間を見ようとしたり(こういうときは文学的なのだ)

鉄道のダイヤグラフの作り方は教わったことある

ドラマのほう
乱数は知ってたつもりアトランダム 桁数内で法則を決めて生成
ネットでの パスワード配布も そうだし

車のナンバーや製造番号から 持ち主を特定する場面がよくある 犯人とかね

リモコン式キーから 特定できるんだなぁ

@ドラマのセリフより
リモコンキーには問題がある

新車の8割に装備されてる

車ごとにリモコンは違うはずだ

さもないと 他の車のキーも開いてしまう

周波数が違うのか?

いや 周波数はどれも同じだ

でも数字コードはそれぞれ違う

数学に基づく技術が使われてるんだ

例えば無線 毎回同じコード送ってれば傍受されてゆく
(変わっても 追っかければいいわけ その電波帯を)

車の場合 アルゴリズムがわかってれば 予測可能になる

コードが変わっても 複雑なパターンがあるから 簡単にわかったら役立たない

@ドラマのセリフより

リモコンキーの場合
”変化を混ぜるように” コードを変える>”ローリングコード”乱数でなくて
生成なんだろうけど  ふ~ん

文章もそうだ

単純に リモコンキーって周波数が 違うのかなと思ってた
持ったことはないけど レンタカーのときは大抵リモコンキーだし
そうだったんだ

リモコンのアルゴリズムを解析できちゃうのが そりゃ簡単になったら大変だけど

(32桁の16進法)
16進法 二桁くらいで
単に上の桁から順番に、16進法での桁上がりの数で順番に割っていけばよい
そこまではわかるけど 32桁で、、もう わかんないorz

よく こちらの人は寒い冬 車のエンジン先かけて 暖めるが
高価なリモコンキーは 随分遠くから操作する
障害物なければ距離は伸びる

JRタワーの上のほう 30階以上から地上の車のエンジンスタートは
もちろんできるが
モバイルと同じかなと勘違いしてた
JRタワーの上に当市で 一番便利な モバイルのアクセスポイントあるから

一緒にしちゃ いかんわな
と 忙しい合間 映画も見てるし NUMB3RS鑑賞も続くっと
チャーりーとアミタ、、いいねぇ~@一人事

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック