1日6回@JALツアー

画像画像









この前も ミステリーツアー(JAL)の
これって どこ?パンフレットの宣伝文句をヒントに
沖縄のどこのリゾートホテルか
(去年全面改装の全部屋海岸側ヒント)
九州の温泉の種類とか 歴史的な古さとか
ヒントで 2CHで
和気藹々 意見出し合い 全部場所わかり
ほとんど酒の肴のよに 旅気分、子一時間楽しんだ
画像
実際 人の移動プランは大変なのである
それでも 好きこそ物の上手なりもあるが

空旅好きな修行僧といわれるタイプも
体力の限界はある いくら好きでも
まず旅の時間を作りださなくちゃいけない

まぁ その大変さも旅の一環で
好きで 虎視眈々も楽しく
どうとでも 限られた条件あり
応用できる思考回路があるんだか
まず シュミレーションで 
あーでもないこうでもないがいいんだと思う
人に なにかをやってもらうってのが楽だけども
それじゃ つまんねぇ~そんな域なんだろうか

きっとそんな回路を 日常にも反映させるときもあるかも

時々配信くるjALツアーのメールみてて ん?プロペラ機1日6回搭乗~
え!、大変だぞ これ、、
このツアー延長だから 需要があるわけか、、

でも このプラン じつに面白い(ガリレオ風)
ひとりからOKにしてるのか、、旗もった人に引率されるのでなく
独りでどーぞも可で 考えた人うまいけど

タフな殿方で 国内10回搭乗、合間は寝る時間あり 体力温存
(定番の福岡⇔宮崎)
だけど プロペラ機往来は たしかに3,40分搭乗時間(それも宮崎福岡に似てる)

自己最高7回があるが 地上に下りたら さぁ次、次、、
乗り換えたら 同じCAさんが笑顔で笑ってる おかえりなさいませ
その場面はよーく知ってるし その大変さが好きだから 平気だけど
実際 大変だぞ、、プロペラ機6回

MDツアーもこれ じつに面白い MD機引退が近いなぁ
山形から 伊丹へCRJ機に足したら もっと楽しいそうなんだけど
鹿児島ー福岡も足したら、、
言うのは簡単だけど、、

ツアープランは基本形はあるが コーディネートしていいのだ
言われたまんまでなくて
以外と それは知られてない

受け付ける窓口の方は大変だけど、窓口の業務も好きでその仕事してる方にあたると
それ(プラン)わかる~て人もいる
それで タフな修行僧の方が どこぞの窓口のお姉さんは詳しいなんて情報がある

プロペラ機 3,40分コースだけど 天候がよければね
高度が低いから 飛べないほど 天候悪しでなければ
雨雲よけつつ 迂回コースなら木の葉のようにゆれ楽しみ
1時間半~なんてありは 説明にはないけどw

通勤のお供でIpodで音楽聴いてるが
愛読書は本でなく、、JALの時刻表がお手軽愛読書だもの♪

http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course/339/
https://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course/336/
高いかなぁと最初印象あるが たしかによくできた価格かも
確かに 奥尻からは帰れないし
プラン広告にないが これって タッチ&リターンて言う

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年11月13日 13:04
またまた、かなりご無沙汰いたしております
寒くなってきましたが、いかがお過ごしですか?
この旅程を見て、自分も修行をしていた頃がとても懐かしく思えました
あれからもう5年半以上前ですから。。。

こういう企画を見て一つ思い浮かんだのが「水曜どうでしょう」
実際にあの方々に実行してもらいたいな~なんて想像してたりもします
2009年11月13日 19:08
>ガオさんへ
その旅の修行なるもの、挑んでみると
殿方だって大変、、それに旅だけしてるわけじゃないから
日常の稼動の中から その時間と費用も捻出がある
出発アナウンスにたどりつけた時
遠足前の小学生気分と 息切れ状態もw

旅のエスプリは常にあり、でかけてなくても
普段 仕事でもなんでも
長持ちする気力はなくても
人より1時間だけ長持ちする気力 体力があるでしょう
根性とか そういう体育会系でもなく
いろんな状況に臨機応変を培ってる

JALは色々あれど がんがれ~はすごくあり
ファンであり(JAS残せば、、

忙しい日びに 飛行機雲なんぞ
思わず立ち止まり見上げたり

そう 水曜どうでしょうみたいな番組で
いかにこのツアープラン大変かw実証を
プラン見てる分には へぇ~と思うし
大変だぞぃを知ってるもんね
その大変さ楽しきかな

この記事へのトラックバック